1. TOP
  2. 未分類
  3. 【順張り】インジケーター組み合わせおすすめ3選【バイナリー】

【順張り】インジケーター組み合わせおすすめ3選【バイナリー】

未分類
この記事は約 6 分で読めます。 10,765 Views

バイナリーで相場を分析するとき、インジケーターはもちろん重要ですよね。
今回はプロの投資家の意見も取り入れた、インジケーター組み合わせおすすめ3選をご紹介します!順張り特化組みですので、多くの機会で役立ちますよ。

さて、バイナリーのインジケーター組み合わせおすすめ3選を発表するまえに、単体でも使えるインジケーターを3つご紹介します。はじめに、いまから紹介するインジケーター3つを理解することで、のちに紹介するおすすめのインジケーター組み合わせ3選の話の理解が深まりやすくなります。

バイナリーのおすすめインジケーター3選(単体)

はじめに、単体でも使えるおすすめのインジケーターを3つご紹介します!

▽おすすめインジケーター1:MACD(マックディー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移動平均線をベースにして、2本のラインの乖離(かいり)を表したテクニカル指標です。チャートにシグナルライン、MACD線、0ラインの3本の線を表示して分析を行います。MACD線が上に伸びている時は相場が上昇傾向、下に伸びている時は下降傾向となります。

さらに、MACD線とシグナルラインの交差の仕方でトレンド予測ができます。順張りはもちろん、逆張りにも使える優秀なインジケーターといえますね。

 

▽おすすめインジケーター2:一目均衡表

基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンの5つの線(指標)から構成されています。まず、各線の特徴を説明します。

1)基準線

名前のとおり,相場の流れを表す基本となる線です。

2)転換線

短期的な平均線で、過去9日間の高値と安値の中間値を意味します。

3)先行スパン1

短期・中期のトレンドを表す平均線で、基準線と転換線の中間線を26日先に記入したものです。

4)先行スパン2

中期・長期のトレンドを表す平均線で、過去52日間の高値と安値の中間値を26日先に記入したものです。

5)遅行スパン

過去の動きと比較する線で、当日の終値を26日先にさかのぼって記入したものです。

先行スパン1(白)と先行スパン2(黄)の間の面積のことを「雲」と呼びます。これは、厚みがあるほど反発が強く、薄いほど反発が弱い傾向があります。5本の線(指標)を使って「相場のトレンド」「下げどまり(いつごろ上がるか)」「上げどまり(いつごろ下がるか)」を予測していきます。

▽おすすめインジケーター3:移動平均線

ある一定期間における為替レートの終値平均値をグラフ化したもので、シンプルなチャート分析方法として知られています。通常、ローソク足と平行表示して、上昇トレンドか下降トレンドなのかを把握するのに使われます

初心者の方で相場の大きな流れや方向性を把握できるようになりたい方は、平均線をチャートに入れることで格段に理解しやすくなります。

【順張り】バイナリーのインジケーター組み合わせおすすめ3選!

おすすめインジケーターを基本として、使える組み合わせをピックアップしました!是非参考にしてみてください!

1つ目:移動平均線+RSI

トレンド系のインジケーターである移動平均線と、オシレーター系のインジケーターであるRSIの組み合わせとなります。「デッドクロス」と「ゴールデンクロス」の発生を待ちます。

【デッドクロス発生時】

「デッドクロス」は、「短期移動平均線」が「長期移動平均線」を上から下へ突き抜けることで、下降トレンドのサインとなります。RSIが50%以下なら下落の力が強いということで、チャートに沿って順張りを行いましょう。

【ゴールデンクロス発生時】

まず、移動平均線をしっかりと見て、「ゴールデンクロス」が発生するのを待ってください。「ゴールデンクロス」とは、「短期移動平均線」が「長期移動平均線」を下から上へ突き抜けることを呼びます。上昇トレンドの合図となります。しかし、必ずしもトレンドが発生する訳ではありません。

「ゴールデンクロス」が発生した時、RSIのパラメーターに注目してください。RSIが50%以上なら上昇の力が強いということです。移動平均線とRSIの二つの根拠により、騙しを防ぐ働きがあります。チャートに沿って順張りを行いましょう。

※RSIは角度も重要です。エントリー前にRSIの角度にも注目してくみてださい。線がゆるやかだと騙しが発生しやすいです。線が鋭角だと騙しが発生しにくいです。

また経済指標発表のような、強いトレンドが発生した場合はRSIにとっては不得意な場面なので有効的ではないので注意してください。

 

2つ目:一目均衡表+MACD

MACDでエントリーポイントを絞り、一目均衡表の「雲」で相場の値動きの強さを読み取ります。この組み合わせは、騙しに強い組み合わせとなってます。

一目均衡表で見るところは「雲」の場所と厚みです。ローソク足の下に「雲」があれば上昇トレンド傾向、ローソク足の上に「雲」があれば下降トレンド傾向の相場だと判断します。

さらに雲が厚ければ反発しやすい相場、雲が薄いと反発しにくい相場と予測できます。MACDで絞ったエントリーポイントに加え、「雲」の厚さを見てください。順張りならば「雲」の薄い時にエントリーすれば、騙しを回避しやすくなり、より精度の高い取引が可能になります。

3つ目:MACD+移動平均線

移動平均線はトレンド発生のサインが遅いという弱点があります。しかし、MACDを複合させることでその弱点をカバーできます。
MACDはサインの発生が早いため、騙しに遭遇しやすいという欠点があります。この欠点は移動平均線で全体のトレンドを見極めることで、カバーができます。このように、お互いの欠点をカバーしあうことで精度を高めることができることがこの組み合わせの利点です。

考え方としては、相場の全体を移動平均線で見て、エントリーポイントをMACDで決めていきます。トレンド相場を詳細に見たい方には最適で、順張りとの相性もバッチリです。

一目均衡表より移動平均線の方が理解しやすいので、初心者にも優しい組み合わせとなっており自信を持っておすすめできる組み合わせです。

まとめ

今回ご紹介したのはあくまでおすすめのものです。

ある程度、取引に慣れ始め、気になる組み合わせが出てきたらデモトレードで試してみましょう。その中で、あなたに最適のものが見つかるかもしれませんよ!

バイナリーオプションの裏技公開中!

今回のバイナリーオプションのおすすめインジケーター3選の記事を読んで、さらに詳しいマル秘情報が知りたいと思った方は、こちらのラインを友達追加していただくとお得な裏技、最新情報お届けしています。
バイナリズム

動画で学ぼう!稼げるインジケーター!

インジケーターに関してはこんな動画も出しているので、参考にしていただけると幸いです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

バイナリズムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バイナリズムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • はたけ氏が紹介するバイナリーオプションツールハーベストツールを検証!

  • 【バイナリーオプション】チャートの見方やパターンを丸裸!

  • 【バイナリー攻略】トレンドの順張りでのエントリーポイント

  • バイナリーオプションの人工知能型(AI)ツールを解説!

関連記事

  • 【バイナリーオプション】 勝利の3ロジックを紐解く!!

  • 【バイナリーオプション】ツールの作り方を解説!

  • 【バイナリーオプション】チャートの見方やパターンを丸裸!

  • バイナリーオプションの裁量取引で勝率を上げる3つの原則

  • バイナリーオプション初心者におすすめの掛け方2つ!!

  • 【逆張り】バイナリーのインジケーター組合せTOP3